ぐーたら女の覚え書き

日ごろ思うことなどの覚え書き。息子3歳と、娘1歳の育児記録やら、好きな絵本を気まぐれに紹介やら、色々です。

じゃじゃーん!!!

f:id:saohimco:20190920221603j:image

ヨーヨ、ついに💩20回達成!

ばいきんまんシールをすきなほんのマスに貼る!!!

 

いや〜嬉しいぞ、母は!

 

あれから、、、クタクタに疲れた日に盛大にお漏らしがあり、オムツを履かせて寝させたら、次の日ここぞとばかりに💩をオムツでしてたけど。

 

それ以外はなんとか頑張っているヨーヨ。

 

少しずつ、ゆっくりだけど、確実に成長したなと思えた夏。

 

去年の今頃は、運動会の練習で体操服で登園しなければいけなかったのに、それが嫌で私服登園してたな涙。

 

今年はその体操服を自分で着ることもたまにできるくらい。

 

もうすぐ4歳。

しみじみ。

 

ちなみに、すきなほん は何にしたかと言うと、、、

 

世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)

 

なんの本が欲しい?と聞いたら、

「イルカうぃ〜い〜」

ってオリラジの藤森みたいにいってたから、これにしました。

 

世界中の海にいるイルカ、クジラ、シャチの写真集。(川にいるイルカも)

 

食い入るように見ていました。

 

お気に入りのページは、私やゆき氏に

「じゃじゃーん!」

と見せてきます。

 

その度に「わぁ!イルカだぁ!」と驚いてあげてるゆき氏。

 

ヨーヨ、「ゆきちゃんイルカうぃ〜い〜」と藤森的返答で謎の盛り上がり。

 

楽しそうで何よりです。

 

さぁ、ネバーネバネバギブアップ作戦も折り返し地点にきました。

 

記念すべき40個目は、すきなおもちゃ です!

4回目に借りてきた本

またも誰得情報ですが、書きます。

 

2学期が始まってはじめての移動図書館

 

実は3回目に借りてきた「りんごがひとつ」は本当にお気に入りだったようで、返却したら号泣。

 

また借りに図書館に行きました。

 

何がポイントなのか不明だけど、何かいいなぁと思いながら借りました。

 

お盆前に借りたので、そっと夫に返しといてもらい、今のところは思い出していないようだ、、、と思っていたら、トイトレすごろくで、好きな本のマスがあり、「何の本が欲しい?」と聞いたら、「りんごがひとつ」って最初答えました。

 

ほんとかな。

 

今回は借りてきたのはこちらの2冊。

 

おさるのジョージ としょかんへいく

おさるのジョージシリーズは、文字が多く、まだ読み聞かせには早い気もしたが、そこはやはり死ぬほどおさるのジョージを見ているだけあり、しっかり聞いてくれていました。

 

完全なるジャケ借りだと思うけど、絵本の質は高いと思うので、また借りてきてほしいなぁ。

 

絵も素朴でかわいいし、ストーリーも面白い。

 

さんりんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

ヨーヨは好きよね、とよたかずひこさんの絵本。

このシリーズはでんしゃとふねもあり、でんしゃだけ我が家にあります。

 

ふねは童謡が盛り込んであるので、買おうかなぁと悩んでるくらい。

 

この絵本はゆき氏の食いつきがよくて、毎日読んでと持ってくる。

 

何か子どもにしか分からない魅力があるんだろうなぁ。

ゆき氏1歳の日々

もうすぐ終わります。

 

明日2歳になります!

はっやー!!!

 

ゆき氏は最近イヤだイヤだ言っていて、あれもこれも自分でしたい、ママみてー!が口癖のおませな女の子になりました。

 

教えたわけでもないのに、キラキラしたファンシーなものが好き。

顔は日本人形みたいな和顔だから、そのギャップが私的にツボ。

 

最近は母性の芽生え?か、おままごとをしたり、ジョージのぬいぐるみのお世話を熱心にしています。

 

今日も朝一ジョージおんぶから始まり、夜はトントン寝かしつけていました。

 

f:id:saohimco:20190910223130j:image

 

お風呂の最後は使ったおもちゃを片付けて、1から10まで数えて肩まで浸かっている、、、。

 

すごい、、!(/ _ ; )

 

乗り物系の絵本読んでる時は、全く興味なさそうな真顔。

 

でも読み終わるまでは一応待ってくれている、、、。

 

正直、ヨーヨと成長の過程が違いすぎてびっくりします。

 

親の私はめちゃくちゃ楽だけど、もっと困らせてくれてもいいんだよ、と思うくらい。

 

多分だけど、自分のこと、ヨーヨのお姉ちゃんくらいに思ってそう、、、。

 

 

最近は2人で遊んでくれることも多くなり、育児がうんと楽になりました。

 

まぁケンカも多いけど。

 

半年前までは大変すぎて白目むく毎日で育児つれぇ、、、という感じだったけど。

 

いや、まだそういう日あるけど。

 

2人ともタイプが全然違うから、どんな子になるのか、楽しみ。

 

ゆき氏の誕生日には、悩んだ末に積み木を買いました!

今は夫がTOKYOに行ってて1週間いないので、週末にお祝いしようと思います。

 

ゆき氏はあかちゃんまんのケーキがいいそう。

週末に間に合うように、頼みに行かねば!

 

1歳のゆき氏、ありがとう。

我が家の癒しの存在。

2歳のゆき氏の成長が楽しみ。

トイトレ終了の兆し

ヨーヨ氏、1週間ほど、オムツを全く消費していない生活が続いています。

 

4歳を目前にして、オムツ卒業できるかも涙🥺

 

 

ここ最近、急に、です。

 

8月中頃、実家帰省中に、たまたまタイミングが合って初めてトイレで💩してから、コツを掴んだのか、何回か成功して、福岡に帰った。

 

福岡に帰ってからは、何かよく分からんけどまたオムツでしたいと懇願され、しぶしぶオムツを履かせる。

 

いや、待てよ、ご褒美制にしてみよう!と作成したのがこちら。

f:id:saohimco:20190905221758j:image
f:id:saohimco:20190905221754j:image

 

最近アンパンマンブーム真っ只中なので、キャラクターが多いのをフル活用。

 

それから、すごろくみたいにして、途中飴をチラつかせる。

 

何もないところでゴネるかなと思っていたけど、純粋にシールを貼ることが嬉しいようで、今は10回目前までシール貼るとこまできました!

 

10回目はトミカがもらえる仕様。

f:id:saohimco:20190905222153j:image

こんな感じで貼ってる。

 

夜間以外のおしっこは、紆余曲折ありましたが、完全に幼稚園で確立してもらえたので、💩は私が頑張るぞ!と思っていました。

なので、何か達成感。

(まぁ物で釣ってるけどw)

 

しかし、この物で釣るというのも、ヨーヨがすごい成長した証で、💩をしたらシールが貼れる、色のマスに貼るとご褒美がある、ということが理解できるようになったということ。

 

時期を読み誤っていたら、シール貼りたすぎて癇癪、なんかよー分からんけど飴もらえた、もっとくれ癇癪、私イラついて紙破り捨てる、、、という感じだったと思う。

 

その子の発達に応じたタイミングって大事だなと改めて考えさせられました。

 

1週間ほど前、💩ができてきたな、、、と思っていた時に、ちょうど夜のオムツを履き替えさせ忘れたことがありました。

(風呂上がりにパンツにして、寝る前におしっこに行ってからオムツに替えていた)

 

しかし、翌朝、パッと起きがけにおしっこに行けたことがきっかけで、これは!夜のオムツも取れるんじゃね?と思い切ってパンツのまま寝かしていたら、5日ほど成功しています!涙

 

うれぴい!!!

油断は禁物だけど、このタイミングでオムツ卒業を期待してしまう!

 

2週間程前くらいに、グダグダのグズグズのヨーヨにイラつき過ぎて、命の母を買ったくらいだったのに、この成長ぶりは泣ける。

 

でも、だいたいこんな感じで、グダグダのグズグズになって、はぁ、、、もう本当に辛い、、、泣ける、、、と鬱ブログを下書きすると、ヨーヨが急成長して鬱ブログの下書きを消すというのを繰り返して今に至る。

 

いい加減、私もイライラしないで、お!成長の兆し?と構えられる心の器がほしい。(命の母を持ってしても多分無理)

 

幼稚園入園から始まったヨーヨのトイトレ。

1年半でようやく終わりが見えそうです。

どっちかの夜は昼間

でおなじみの、

時差12時間の地。

 

アメリカはサウスカロライナ州に転勤の辞令が出ました。

 

夫は11月には新しい赴任先に行くのが決まってます。

 

このブログは、日々の思ったことつれづれ、息子の療育話、育児の覚え書きみたいな感じだったけど、いずれアメリカに行く準備や行った後の様子も書けたらいいな。

 

いずれ、というのは、まだ帯同の時期に関して決めかねていて、いつになるか分からんと言うのが今の状況だからです。

 

 行く場所が、日本人学校がない場所で、現地の小学校に入れることになりそうで、今死ぬほど悩んでます、色々。

 

今って、ヨーヨの成長にとっては本当に恵まれた環境。

それは、幸運が重なったのもあるし、自分で頑張ってこぎつけたものもあるし、そこを手放して、新しい場所に行かないといけないのが くぅ〜っとなるけども。

 

とりあえず3月末までは今の場所にいる予定。

福岡ともさよなら。

あんまり考えないようにしてるけど、淋しい。

 

それから、今調整中だけど、実家に帰って、私の母の手を借りながら1年過ごす。

その1年で、子ども達に英語を学んでもらいながら、私も渡米準備をしようかなと思っています。

 

実家に戻っても療育を継続して行えるように、今動いてます。

これが最重要項目で、年中の1年日本で療育を受けさせるために、この選択をしました。

 

また変わるかもしれないけど、とりあえず今はこんな感じ。

 

夫に先に行ってもらい、現地の幼稚園や小学校を見てきてもらって、支援が整っていそうだったら渡米を早めるかもしれないなぁ〜といったところ。

 

支援が整っていたとして、英語だからなぁ、、、それがなぁ、、、英語頑張らないとなぁ、、、私が涙。

 

正直、幼児期の英語教育に関してはかなり消極的な私。

できればしたくない。 

まずは日本語をしっかり学んでほしい。

でも、いずれ単身赴任になる予定の我が家、多少無理してでも、帯同して、家族で暮らしたいというのが私の一番の気持ち。

 

子育てに関して、子どもができてから4年間、色々なことがあったけど、一番私の気持ちや考えを理解してくれているのも夫だから、私自身夫がいない家で1年以上子育てできるのか!?というのが最大の不安、、、。

 

最近ヨーヨの癇癪とも違う謎のぐずりにくっっっそイライラするので、私自身の感情のコントロールをしないとな、、、と言うのが目下の課題。

 

そして、来るべきワンオペ育児にむけて、命の母ホワイトを購入。(頑張る方向違う)

【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠

 

私がイライラしてると、「命の母飲んでないの?」と聞いてくる夫。

 

何か違う。

 

とにかく、これから怒涛のように11月がすぐきてしまうと思うから、家族4人の福岡ライフを満喫するぞ!!!

 

あー、アニマル浜口に気合いだ!の連呼をお見舞いされたい。(何か違う)

ネバーネバネバギブアップ

最近、今更アンパンマンにハマっているヨーヨ。

 

2〜3歳の子がハマると勝手に思い込み、もうすぐ2歳になるゆき氏が パンパンマン! とか、 バイキンマン! とか言ってるのを微笑ましく見ていた私。

 

ヨーヨはアンパンマン、スルーだったのになぁ思っていた矢先。

 

ヨーヨがSLマンの歌を歌えと日々要求してくる。

そして、SLマンの曲に合わせて、プラレールを走らせ、トンネルに突入して悦に入っているヨーヨ。

 

激甘な親で有名な私たち夫婦は、ここぞとばかりアンパンマングッズを買い揃え、録画を見せまくる日々。

 

その甲斐あってか、おむすびマンのおむすび作って!とおにぎりをしっかり食べたり、ハミガキきれいだゴーシゴシ!とか言いながら、歯を磨き出し、羽交い締めにしなくても歯を磨かせてくれるようになったり(涙)、挙げ句の果てには、ネバーネバネバギブアップ!とか言いながら、トイレで💩をすることもできるようになった。

 

(ネバーネバネバギブアップは、ナットーマンのセリフで、トイレは全く関係ないけど、意味も何となく状況に合ってるよーな気がする)

 

 

アンパンマン、す、すごい。

しまじろうもびっくりな知育系アニメだったとは!

 

アンパンチとか、アンキックとか言ってゆき氏を攻撃してるし、たまに私にもしてくるが、それは目を瞑る。(いいのか)

 

ゆき氏がアンパンマン好きな子にアンパンチをお見舞いされる日の耐性をつけていると信じる。

 

しかし、地味にゆき氏もアンパンチやアンキックでやり返している。

 

そして、ささだんごちゃんやおむすびマンやうめぼしばあやが、履いている草履に憧れ、鼻緒がキツくて眠らせていたわらじの草履を履き始めました。

 

わらじの草履は、子どもの足を鍛えるのにはとてもいいらしい。

 

いいらしい物好きな私は、これもアンパンマンに感謝。

 

f:id:saohimco:20190815224919j:image

 

大阪の街中で草履を履き、カルパス食ってる我が子。

ペロペロキャンディ買いに行ったコンビニで、お肉食べたいと言い、これをレジに出す。

順調に加工肉の美味さに魅了されています。

 

カルパスはさておき、この草履、履いている姿も可愛いし、履くの一瞬だし、意外と服を選ばないし、むやみに脱げたりしないし、毎年夏はこれを履かせたいくらい。

 

私も買おうかな。

 

約3週間のお盆の帰省が終わりました。

 

去年に比べたら、本当に本当に楽になった、、、!

 

今回は予定もつめつめにせず、ゆとりを持って過ごせたのも良かったかな。

 

地元に帰るとついつい欲張って色んな人に会いたくなるけど、今回は何だか自分から積極的に約束取り付ける気力がなく、お盆帰る?と連絡くれた人だけと約束して、他はのんびり過ごしてみました。

 

今は私にこのくらいのキャパしかなくなっており、日々二人の子の面倒をみるので精一杯の生活。

 

ようやく、そう割り切れるようになりました。

 

これからはもっと育児に楽しみを見出して、ヨーヨとゆき氏の成長を見守りたいなぁと思います。(色々と気づくの遅め。でも気付けて良かった)

 

早くも1学期終わり

早すぎるな、マジで。

ゆーてるまに7月も終わってしまうではないか!

 

私理論では、年齢を重ねれば重ねるほど、1日の長さが短くなる(短く感じる)から、もう60歳くらいまで一瞬で過ぎる予感。

↑私理論と言ってますが、「ジャネーの法則」という有名な理論があり、「感じられる時間の長さは年齢と反比例的な関係にある」と言われています。

しかしこの理論、時間について研究している人達は否定的な見解を示しているということです。

 

 

え、何が言いたいかって?

 

もう一瞬で1学期が過ぎたってことを、世界の中心で叫びたい気持ち。

(1行目ですでに言い終わっています)

 

 

 

ヨーヨはこの1学期の間に、色々と急成長して、よくお喋りするようになりました。

6月中頃辺りから、毎日一緒に過ごしている親の私でも分かるくらい、言葉が増えたかなと思います。

 

3語文くらい?出るようになりました。

 

相変わらず、会話になるのは10回のうち1〜2回だけど、それもうちにとっては大進歩。

楽しそうに喋ってるのを見ると、私まで楽しい気分になります。

 

最近は、言葉は増えてきているけど、その分意味不明言動も多発。

遅延エコラリアといって、日常生活で聞いた心地の良いフレーズ?を、全く関係ないタイミングで発してきたり、ジャーゴンといって、意味のない宇宙語?みたいなモノを突然叫んだりすることもあります。

 

ASD (←自閉症スペクトラムの略)の子が言語を習得するときに出るもので、一過性のものと言われているようだけど、私は今の調子でずっと意味不明言動をし続けるのではないかと怯えています。

 

「お嬢さん何してるの?私が送りましょう」

 

と、アンパンマンの車?に乗ってやってくるヨーヨ。(多分録画で見たしょくぱんまんの真似)

 

はじめは可愛い〜と思って「乗せて〜」「どこに連れてってくれるかな〜」とか言ってたけど、これが1時間くらい繰り返されたらたまったもんじゃないといいますか。

 

「それママが乗ったら壊れます」とか、「もっといい車で迎えに来てください」とか、塩対応になるくらい、最後はイラついてしまいます。

 

いかん。

こんなに話してくれるようになったのだから、もっと喜んで対応しなければ。

 

でも育児とはこういうものかもしれない。

子どもがよく喋るから相手するのに疲れるという育児の悩みを、半分白目で聞いていた私が、少しヨーヨが喋りかけてくれるようになっただけでこんな風に言っているのだから。

 

ああ、情けなし。

 

いや、でも嬉しい。素直に。

 

夏休みも毎日幼稚園に行き、プールして、かき氷食べて、スイカ割りして、色んなことを毎日して帰ってきます。

 

ヨーヨの成長は、この幼稚園あってこそ。

感謝感謝。

 

月曜日から、実家に帰省して、お盆過ぎに帰ってきます。

 

たくさん遊ぶぞーーー!!!

 

 

最近のハマり絵本。

 

かいじゅうたちのいるところ」ブームがにわかに去りつつあり、こんな絵本をよく読んでいます。

 

どんぐりにんじゃと たいほう (チューリップえほんシリーズ)

 

↑先日、療育に行く前にヨーヨと二人で図書館に行き、ヨーヨが選んだ本。

 

結構長めのストーリー。

迷わず選んでいたから、幼稚園かどこかで読んでもらったりしたのかな、と思った。

 

はじめ、ゆき氏はこれを読んでいると、違うの読め!と怒ってたけど、途中から気に入ったらしく、一緒に聞いている。

 

私は多分パッと見て、サッと選んだから、まぁそんなに気に入ったりしないだろうと思ってたけど、意外や意外。毎日読んでと言ってくる。

 

なんか、こうしてヨーヨは家族以外からも刺激を受けて、私が思いもよらない選択をしたり、好みが出てきたりするんだなぁと思った。

 

当たり前なんだけど。

何だかそれが嬉しいような寂しいような気持ちになっている今日この頃。