ぐーたら女の覚え書き

日ごろ思うことなどの覚え書き。息子3歳と、娘1歳の育児記録やら、好きな絵本を気まぐれに紹介やら、色々です。

8回目に借りてきた本

ついに。

借りてきてしまったよ。

イルカようちえん

イルカようちえん

 

子どもが生まれる前、彦根の本屋さんで山積みになっていた「ママがおばけになっちゃった」という本。

 

ママが交通事故にあって死んじゃって、おばけになってでてくる?みたいな内容の本なんだけど、、、私はめちゃくちゃ気分悪くなって、この作者の絵本をかなり警戒してきた。

 

そして今回、イルカ好きなヨーヨは、表紙に色んなイルカが描いてあって気に入ったのか、借りてきた。

 

とりあえず、ヨーヨに読み聞かせる前に検閲。

色々と は? と思う箇所はあったが、前述の本ほど読み聞かせるのに相応しくない内容ではなかったから、寝室の図書館で借りたコーナー本棚に立てておいた。

 

結果。

2〜3日に1度読んでと持ってはくるが、途中で飽きてよそ事をはじめる。

 

私自身、声に出して読んでいて、全然気持ちよくないから、ヨーヨやゆき氏も読み聞かせられて気持ちが良くないんだと思う。

 

絵本の世界に、つじつま合わせとか、泣かせようとするエピソードや、責任なんて言葉は要らない。

 

この人の出してる絵本はこの絵本と、ママがおばけになっちゃったしか読んだことないけど、この2冊に関して言えば『大人向けの文(しかもかなり幼稚な大人)に対して子どもが好みそうな絵が書いてある本』のそれ以上でもそれ以下でもないと思った。

 

正直、この本を毎日読んで読んで!とせがむようだったら嫌だなぁと思っていたけど、ホッとした。

 

絵本だけは質の良いものを、と思って読み聞かせ毎日してきたから、何だか報われた気持ち。

 

のぶみ好きな方、ごめんなさい。

でも、本当にこの人の本が売れてしまうのは、児童文学の危機とすら私は思う。

 

ヨーヨが借りてきた本から、色々考えさせられてしまった。

 

2冊目は、、、

のりものあつまれ! (のりもの写真えほん)

のりものあつまれ! (のりもの写真えほん)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2012/07/13
  • メディア: 大型本
 

色んなのりものの写真集みたいな本。

ヨーヨは絵本もすきだけど、こういう写真の本も好きみたい。

 

私も乗り物の勉強になるから、実はこのシリーズは好き。

 

子どもが男の子じゃなかったら、きっとこんなに車や電車について詳しくなれなかっただろうなぁと思う。

 

 

 

最近、腹立つ出来事があって、また命の母ホワイトを追加で購入した。

 

イライラと悲しみで眠れなくなったのは久々だった。

今の生活で睡眠不足は大敵!!!

自分自身のメンタルのコントロールが本当に大切と痛感。

 

自分と価値観や常識が違う人と付き合うのは本当に疲れる。

私は自分でもお人好しで偽善的な部分があるのは分かっていて、それは長所でもあり短所でもあると痛感。

私のそんなお人好しな部分を利用されたり、搾取されたりするのが大人の世界。

気をつけないと。

 

嫌なことは嫌と強く断れる、強い精神が欲しい。

7回目に借りてきた本

今回の2冊は、とてもいい感じの絵本でした。

 

しろくろつけてよシマウマくん (そうえん社日本のえほん)

↑この絵本は、私的にかなり好きな感じの絵本。

買ってもいいかなと思うくらい。

 

絵は雑可愛い、内容は深い。

 

世の中は、白黒つけずにいてもいいし、白黒つけたっていい。

ヨーヨみたいな子を育ててると、本当に思う。

障害と個性は違うようで同じだったりする。

ある場面では障害、ある場面では個性。

その2つをつなぐ連続がスペクトラムの概念と私は理解している。

白黒つけずに、ただありのままが良いなぁと思う。

そんなことを、読み終わると考えさせられた。

 

ヨーヨはどんな風に感じながら、この絵本を聞いているのかなぁ。

うん、多分何も考えてないだろうね。

 

まほうのコップ (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

これは写真絵本。

光の屈折により、水を入れたコップに映るものが反転することを利用して、色んな絵や物が違った物に見えたりする。

まだいまいちピンときていなさそうな子2人だったけど、今度家でやってみようかなぁ〜と思いつつ、我が家にシンプルな無色透明なコップがないことに気づく。

 

 

夜寝る前の絵本は、もうかれこれ3年間、ほとんど毎日欠かさず読んできて、入眠儀式のようになっている。

これは、純粋に私自身が絵本に癒されているからだと思う。

 

日々鬼のように子ども達に怒りまくり、ストレスたまりまくりな育児だけど、絵本を読んでる時だけは、この時間を2人が覚えていてくれたらいいなぁと思いながら(多分覚えてないけど)、私の気持ちもリセットされて、穏やかな気持ちになれるありがたい時間。

 

アンパンマン図鑑ブームが去り、最近は活字をちゃんと読ませてくれるので、一安心。

またあの死んだ魚の目で指差されたキャラクターを読み上げる日々が来ませんように、、、笑。

完全ワンオペ育児1週間終えて

未来の自分のために書いておく。

 

夫が渡米して1週間。

完全なるワンオペ育児になり、全ての家事育児を私が担っている今!!!

 

私にしてはマジで頑張ってるよ、毎日。

 

基本、頑張りたくない、適当にやりたい、暇があればゴロゴロしてネットサーフィンしたいこの私が。

 

サクサクと家事をこなし、8時過ぎには子どもらを寝かしつけている、、、そうだった!やればできる子だった、私は!

 

8時前にFaceTimeで夫から連絡きて、その時は片付け全然しない子どもにキレ散らかして、即切ったけど、部屋は10分あれば片付けできる仕様にしてあるから、10分後には我を取り戻し、子どもたちは一足先に寝室へ。

 

その間に掃き掃除と、洗濯干して、絵本読んで寝かしつけ。

 

で、9時前には寝た子どもたち。

本当は8時には寝かしたいけど(自分のために)、今日は仕事で帰りが5時過ぎだったから無理だった。。。

そして明日も仕事だから、無理だろうな。

 

仕事はこの状況では体力的に結構しんどい、、、けど、家でまともに会話できる人がいない今、それを職場に求めている自分もいて、やっぱり続けようと思う。

週2〜3の話だし。

 

ヤツらはご飯食べた後に一瞬で部屋を散らかすから、それがなければ精神的にもっと楽だし、その分早く寝られるだろうけど、好きに遊びたいだろうから仕方ないね。

 

キレ散らかしてる時は、「片付けしないとおもちゃ捨てるぞ!オラァ!!!」と叫んでいたけどw

 

やはり、夫は家事を頑張ってしてくれていたのだと改めて実感する日々。

私にこき使われる日々から解放されて、味をしめていませんように。

 

2人の子らは、単身赴任という事態を理解してないから、あまり何も言わないけど、夜に外で物音がすると パパ? と聞いてきたり、突然 パパは? とか言ってきたりする。

パパはどこにいるんだっけ?と聞くと、 アメリカ と答えてよく分からないけど納得している様子。

 

とりあえず、母が来てくれるまであと20日くらい、頑張ろ。

 

 

昨日は、思い切って2人連れて小石原ポタリーのアウトレットに行ってきた。

 

半期に一度旧小石原小学校の体育館で開催されていて、人気のお皿は朝から配られる整理券をゲットしないと買えないらしい。

 

私は前回買った皿が割れたのでそれを買いたいだけだったから、並ばずにゆっくり見られるだろう2日目の閉店1時間前に行ってきた。

 

案の定もう人は少なくて、ヨーヨゆき氏も、行きの車40分間で頼むから10分だけママの言うこと聞いて大人しくしててと言い聞かせた甲斐あって、皿を触るとか割るとかの奇行に及ばず、私はお目当てのお皿をゲットできたのでした。

 

ありがたやありがたや〜。

 

私はこのお皿を使うたびに、頑張って大人しくしてくれていた2人を思い出すだろうな、と思う。

 

小石原ポタリー -料理をおいしくする器- | トップページ

 

もう行く機会は限りなく無いに等しいので、行けて良かった。

おぉ!100回目の投稿!

それがこの日になるとは、なんか感慨深い、、、。

 

そう、今日から我が家は夫単身赴任で、母子3人生活のはじまり。

 

 

朝4時起床して、暗い中空港へ。

空港で夜明けを迎えて、帰る頃には明るくなっていました。

 

 

数日前からヨーヨには

「パパはお仕事でアメリカに行きます。でも、ママとゆきちゃんとようちゃんは今は行きません」

と言い聞かせておりました。

 

最近のヨーヨは私が少し長い文章で話すと、小声でそれを自分に言い聞かせるように繰り返すようになりました。

今回もボソボソと「パパお仕事でアメリカ」と言っていて、何となく手応えを感じていた私。

 

今日も行きの車で何度か

「今日はようちゃんは飛行機乗りません、分かった?」

と言いまくり、いざ空港へ。

 

 

パパの機内持ち込み用のキャリーケースを運ぶことに喜びを見出すヨーヨ。

 

最後にそれを渡す時にごねたくらいで、大きく手を挙げて「ばいばーい」とできていました涙。

 

「パパ頑張って〜」とかも聞こえないくらいの声で言ってました。

 

感動するわ。

 

多分、この先しばらく会えないことは理解してないと思うけど、でも、成長を感じました。

 

きっと半年早かったら、「よーちゃん飛行機乗るーー!」と大癇癪を起こして私は空港で途方に暮れていたと思います。

 

いや、送るの断念して家でバイバイだったかも。

 

だから、きちんと空港まで行けて、家族だけでお見送りできて、ヨーヨとゆき氏に感謝です。

 

本当は母に来てもらおうかと思ったりもしたけど、いや、ここは多少無理しても3人で見送りたい!と思ったので、それが無事に叶って良かったです。

 

 

結婚してから、海外転勤がいつかはあると思っていたけど、それがこのタイミングで、すぐに帯同できないもどかしさがあります。

 

私はすぐにでも行きたい。

夫大大大好き人間なので、本当に淋しい(T_T)

 

でも、やっぱりヨーヨが年中終わるまでは日本で頑張ると決めたので、次夫に会う時は少しパワーアップした私でありたいと思います。

 

とりあえず、しっかり送り出すことができたので、次の目標は3月まで朝倉の家で過ごす!

 

頑張るぞー💪💪💪

f:id:saohimco:20191103171820j:image

いいタイミングで大量コスモス畑見に行けました。

 

去年はヨーヨの3歳児健診の帰りに見に行きました。

1年あっという間だったな。

 

 

 

6回目に借りてきた本

好きよな、このシリーズ。

 

ボートにのって (うららちゃんののりものえほん)

もはや何回目か分からないくらい借りてる本。

いいかげん、買ってあげようかと思う。

しかし、買ったとしてもまた借りてきそう。

それがヨーヨ。

 

 

ばしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

うらんちゃん、ばしゃも所有していたという衝撃作!!!

このシリーズは「でんしゃにのって」、「ぼーとにのって」、「さんりんしゃにのって」しか知らなかったが、まさかの馬車登場に二度見。

 

内容は相変わらずよさが私にはイマイチ分からないが、子どもたちは読むと喜んでる。

 

ゆき氏は「でんしゃにのって」が最近お気に入りみたい。

そういえば、ゆき氏の素朴な顔の感じがうらんちゃんに似ているような、、、。

場所が変わっても、変わらないために

18日から今日まで、実家に帰省していました。

 

ヨーヨが来年4月から、今と同じように幼稚園や保育園で集団生活を送り、療育とリハビリを受けていけるための情報収集や、手続きをするために。

 

ヨーヨは今、私立の幼稚園に月から金まで通い、月曜日は集団療育と隔週で言語療法、作業療法を受け、水曜日は心理療育を受けています。

 

これは、主治医の先生と相談して、全て同じ施設内の違う場所で行われています。

主治医の先生も、支援員の方も施設内にいる方々です。

 

今までは、その気があれば支援が向こうからやってくる状態でした。

 

1歳半検診で紹介された心理療育から始まって、ヨーヨの成長に合わせて支援の種類も変わってきました。

 

でも、実家に帰ってからまた同じことをしていきたいと思ったら、全て別のところに、自分が手配していかないといけません。

 

①療育プランを考えてくれる支援員の方

②主治医の先生

③集団・個別療育施設

④言語療法・作業療法

 

残念ながら、心理療育は、受けられる場所がありません。

 

今のところが恵まれすぎているのは重々承知ですが、、、ため息が出ます、、、。

 

今までは施設が同じだったから、支援がまとまりを持っていたけれども、全てがバラバラだと通うのも大変だし、支援者との関係を作るのも大変だし、多方面に電話問い合わせをしまくり、さらにどこでも、一から今までの経緯と現在のヨーヨの様子の説明をしなければならない。

 

疲れる、本当に、、、。

 

それから、保育園。

 

私の地元の町は、公立の保育園しかありません。

まぁこれはある意味かなり恵まれているんだけども。

年少児以上は、親が働いていなくても、保育園に通えます。

 

だいたい目星をつけていた保育園が、まさかの年中児1クラス30人!

加配枠は3人らしいけど、それもすでに埋まっている、、、とのこと。

 

ヨーヨの様子を見てもらい、加配があったほうがいいだろうと言われ、でも加配枠いっぱいだからうちでは厳しいと言われてしまう(涙)

 

やはり、今の幼稚園の先生がかなりキャパ広いのと、小規模園だからなんとか園生活が送れていたんだなぁと実感。

 

(私の地元の町では、診断がついてるとか、手帳をもってるとか関係なく、ちょっと集団生活難しいかなと思う子には親と先生が話し合って、1人の加配の先生が3人までみられるという制度があるみたい。)

 

なので、結局園見学も、当初見に行く予定じゃなかった園に足を運び、結果ヨーヨ的に良さそうだなと思える園があり、第1希望はその園に決めてきました。

 

園長先生がかなり発達障害児に関して勉強されていて、ヨーヨの様子をじっくりみてくれて、これまでの話もしっかり聞いてくれ、私的にかなり好印象でした。

 

12月にならないと分からないけど、どうかご縁が繋がりますように!!!

 

誰に何を話したかとか、どこまで話がまとまっているかとか、本当に混乱してくる、、、けど、やっぱり今支援を切らしたくないから、やるしかない( ;∀;)

 

今の目標は、笑顔で夫を送り出すこと、3月までにヨーヨとゆき氏の育児を頑張ること、4月から流れるように支援を受けられるべく手続き関係をすること!

 

あぁ、転勤族そして発達障害児大変\(^o^)/

これが本音!爆。

 

f:id:saohimco:20191023000142j:image

↑海洋哺乳類大好き人間になったヨーヨ。

視覚優位だけあり、写真や情景などの記憶がしっかり残るみたい。

こんなことまで覚えてたの!?と驚く事もあります。

海洋哺乳類は動物の、サメやエイは魚の、ペンギンは鳥の図鑑をそれぞれ持ってきてぶつぶつ言いながら読んでいます。(なんて言ってるかは不明)

3歳最終日

3歳のヨーヨ、ゆっくりマイペースに、でも確実に成長する姿を見せてくれました。

 

去年の今日の日記を読んだら、その成長ぶりがよく分かりました。

 

運動会も、地に足つけて頑張れたし、10回のうち1〜2回は会話ができるようになってきました。

 

前にある人に、「子どもに障害とかなく普通に生きてることに感謝しないとね」と言われたことがあって、深く傷ついたことがありました。

 

でも、今は胸を張って、障害があっても、こうして成長する姿を喜べるし、感謝できるよって言えます。

 

この1年をかけて、随分ヨーヨが自閉症スペクトラムであることを受容できてきたなぁと自分でも思います。

 

そして、言い方は悪いけど、ヨーヨが成長するにつれ、扱いやすくなったというのもあります。

 

ヨーヨは謎のこだわりとか、癇癪とか、色々意味不明なことも多いけど、泣いてる子に心配そうに声をかけたり、イライラする私に近づいてきて最上級の可愛い顔をしておどけてきたりする、優しい一面もあります。

 

私がイライラして怒鳴り散らしても、(←イライラしすぎな母w 我ながら終わってる)引きずらずにケロッとしてるところが、長所です。

 

私はそんなヨーヨに許されることで、日々何とか育児ができているようなもの。

 

4歳の1年は変化が多そうだけど、日々やれることをやるのは変わらない。

また明日からも頑張らないと。

 

最近ハマってるものメモ

Safari (サファリ) MB シャチ フィギュア モントレーベイ・アクアリウム監修モデル 210202

Safari Wild Safari SeaLife (ワイルド サファリ シーライフ) ジンベエザメ 422129

カロラータ 哺乳類 フィギュア ( 立体図鑑 ) クジラ/イルカ リアル フィギュアボックス [解説書付き] 食品衛生法クリア 13種

カロラータ サメの仲間 フィギュア ( 立体図鑑 ) 魚 リアル フィギュアボックス [解説書付き] 食品衛生法クリア 12種

↑水族館にどハマり。

一番上のシャチは、最近撮りに行った家族写真にも乱入。

海洋哺乳類のシリーズのフィギュアは名前全部覚えた。

サメシリーズは覚え中。

図鑑をよく見るようになった。

今日はシロナガスクジラのフィギュアを握りしめて寝ています。

 

おさるのジョージはいまだに大好き。

今年の誕生日ケーキも、おさるのジョージだった(週末に誕生日会した)

 

アンパンマンブームもまだ継続中。

アンパンマン大図鑑プラス公式キャラクターブック

↑購入し、毎日好きなキャラクターのページをめくらされてる。

これにより、読む絵本が大幅に減少中。

正直やめたい、、、が、楽しそうだからやめられない。

 

プラレールも好き。

プラレールマニュアル  ~知らなかったプラレールの話~ 1現行モデル編 (ASUKAビジュアルシリーズ)

↑この本がどの本よりお気に入り。

読みすぎてぼろぼろ。

マニア向けの情報満載。

先日来た義父に、明後日からの帰省の際スーパーあずさを買ってもらいたいらしく、これを見せて交渉していた。

「じーじに買ってもらえるんじゃない?」

と私の発言をそのまま伝える。

交渉の仕方に難あり。でもじーじ、激甘だから買ってくれそうw

 

さぁ、4歳も張り切っていこう!