ぐーたら女の覚え書き

日ごろ思うことなどの覚え書き。息子3歳と、娘1歳の育児記録やら、好きな絵本を気まぐれに紹介やら、色々です。

絵本について

ヨーヨが1歳の頃から、『メルヘンハウス』さんという名古屋の絵本専門店のブッククラブに登録して、毎月1〜2冊、絵本を届けてもらっていました。

 

ヨーヨの名前宛に毎月届くお楽しみ郵便物。

 

なぜこれを始めたかというと、絵本って本当にたくさんあって、その中から年齢に合ったものを選ぶことが難しかったのと、私が選ぶと偏りがすごそうだから、ということです。

 

ヨーヨが自分でこれが欲しい、これが読みたいと思うようになる年齢までは、親である私たちが与えたものから影響を受けながら成長すると私は思っているので、絵本に関しては質の良いものを与えたいという気持ちが強くて、ブッククラブをはじめました。

 

普通の本屋さんで並んでいる絵本って、もちろん良いものもあるけれど、中には ん? って思うような、ただ消費させたいだけの本が置いてあり、内容も絵も微妙、、、って思うこともあり。

 

で、結果からいうと、ブッククラブをしてみて、本当によかったな〜と思うことが多くて、この度メルヘンハウスさんが閉店になってしまい、ブッククラブも終了してしまったので、ここに覚書で記しておこうかと思い至ったわけです。

 

ヨーヨには主に寝かしつける前に絵本を読んでいるのですが、メルヘンハウスから届く絵本は、読む私も気持ちよく読める、読み心地がいい本が多いのがとても良いです。

 

普段乱れに乱れている日本語ですが(これは私自身の問題だけど、、、)絵本の中の言葉が美しく響く感じの絵本が多くて、繰り返し読むのもストレスになりません。

 

はじめて送られてきた本で、私の一番のお気に入りであり、一番読んでいる絵本はこちら↓

 

さよなら さんかく またきて しかく (あかちゃんのわらべうた( 5))

これは、寝かしつけの本なんですが、言葉の選び方、調子、素朴な絵。

全部が私のツボで、読みすぎて丸暗記しました。

 

最近はヨーヨもところどころ覚えたフレーズを先回りして言うようになりました。

 

自分ではきっと選ばない、でもやっぱり長年廃盤にならずに増刷されるだけある絵本だなぁと思わせてくれました。

 

たかが絵本、でも、でも、されど絵本。

 

この3月で閉まってしまったメルヘンハウスさんのブッククラブのプログラムは私の宝物で、これから与える絵本の参考にしたいと思っています。

 

 

もう少しヨーヨが落ち着いて、図書館とかに連れて行けるようになったら、楽しいだろうな。

 

今はとてもじゃないけど連れてゆっくり選ぶとか無理で、夢のまた夢なので、それを楽しみにこれからも絵本をたくさん読んであげたいな〜と思います。